とりの絵日記

ひっそりと暮らすとりの日常を絵日記でつづります

To the Moon (Nintendo Switch版)

見てくださってありがとうございます!

当ブログ"とりの絵日記"は日常・ゲーム・ねこのことを絵日記にしたブログです

登場人物紹介はこちらをご覧ください

 登場人物紹介 - とりの絵日記

 

Twitterはこちら 

 Twitter(@torinokayori)

日常のことやゲームのスクショ等も上げてます(*´ω`)

今回プレイしたのは

 

To the Moon (Nintendo Switch版)

 

 

f:id:torinoblog080:20200127001854j:plain

 

 

これは二人の医者が臨終患者の記憶を替えることによって、彼らの最後の念願を実現してくれる物語であります。

 

(中略)

 

今回のオファーは、ジョニーという老人からの『月へ行きたい』という願い。2人が老人のところへたどり着いた時には、もう彼はこん睡状態にありました。どうして彼は、月へ行きたいのか?彼の一生はどのようなものだったのか?そして、彼は月へ行けるのか……。
この切なく美しい物語を、ぜひ体験してみてください。

 

Nintendo Storeより一部引用

 

 

 

最後の感想の項目にはストーリーの内容が含まれますので

ネタバレ苦手な方はお気をつけください

 

※別ブログ(とりのゲーム)からお引っ越しをした記事なので

 画像下にtorinogame.comと入ってます(2020/11/08追記)

 

あらすじ

舞台は近未来

主人公はとあるサービスを扱う会社に所属する医師

 

f:id:torinoblog080:20200127001901j:plain

 

その会社の扱っているサービスとは、特別な装置を使い脳内の記憶を別の記憶に替えるという物。依頼主が臨終の前にそれを行い、ずっと叶えられなかった”夢”を記憶の中で実現してくれるというものです

 

記憶の中でだけなので現実にはもちろん起こっていません。このサービスを利用してずっと叶えたかった”夢”を達成した人生の記憶を持ち、旅立つということなんですね

 

今回の依頼主はジョニーという老人。願いは " 月に行きたい "

しかし、なぜ月に行きたいか誰も知らないと言います

それは依頼者であるジョニー本人も

 

f:id:torinoblog080:20200127001732j:plain

 

装置による記憶の操作というのは無理に創作するのではなく、ちょっとした"きっかけ"を与え、それによって依頼主の脳内で記憶を作り出し、願いを達成させます

 

f:id:torinoblog080:20200127001850j:plain

 

その為、ジョニーがなぜ月に行きたいのか分からないと

夢をかなえる!と強く思える"きっかけ"が出せないのです

 

2人の医師はそのきっかけを探す為

依頼主ジョニーの記憶の中に入り込み

記憶を探す旅に出ることになるのです

 


プレイヤーは医師を操作して1人の老人の人生を見ていく形になります。ゲーム内容や、感想を書いていきますね

 

 

ゲーム内容

 

グラフィックは昔懐かしのRPG調

 

f:id:torinoblog080:20200127001735j:plain

 

操作方法は方向キーでキャラクターを動かし

Aボタンで決定というシンプルなもの

+ボタンを押すと作業マニュアルが開けます

 

f:id:torinoblog080:20200127001739j:plain

 

こちらにやるべきこととしてヒントが出ているので

迷うことなく進めることができると思います

 

作業マニュアルの中には日報があって

 

f:id:torinoblog080:20200127001743j:plain

 

好きなチャプターに戻ってリプレイすることもできます。

 

f:id:torinoblog080:20200127001747j:plain

 

そして、プレイ中にこのように分岐が出てくることも

 

f:id:torinoblog080:20200127001751j:plain

 

しかし内容は一本道となっているようなので

ストーリーに大きな影響を与えることはないと思います

 

見た目はRPG調ですが戦闘などはありません

次の項目で書きますが、パズルとミニゲームが少しあるだけです

 

パズルやミニゲーム的な要素

 

記憶内を移動する時に使われるのがメメントと言われる物

 

f:id:torinoblog080:20200127001754g:plain

 

これは記憶の主が強い思いを持った物に宿るようです

 画面内のアイテムから小さな記憶を集め

 

f:id:torinoblog080:20200127001800j:plain

 

一番強い思いが込められたアイテムにそれらを入れて

 

f:id:torinoblog080:20200127001803j:plain

 

パズルを解くとバリアーが破壊されメメントとなり

別の記憶に移動できるようになります

その一連の流れの中に出てくるのがこちらのパズルゲーム

 

f:id:torinoblog080:20200127001806j:plain

 

最短の手数は書いてますが超えても大丈夫でしたw

そんなに難易度は高くないので

ひっくり返してたらクリアーできると思います。

 

そのほかに

アルファベットの答えを入力するクイズや

 

f:id:torinoblog080:20200127001811j:plain

 

馬を操作して記憶を集めたり

 

f:id:torinoblog080:20200127001815j:plain

 

モグラ叩きゲームがあります

 

f:id:torinoblog080:20200127001818j:plain

 

モグラ叩きはあちこち出るのではなく

1か所に出たままなので

ひたすらボタンを連打押していたら大丈夫です

 

そしてこちらのようなアクションゲーム?も

 

f:id:torinoblog080:20200128000343j:plain

 

ゾンビを植木鉢で攻撃したり、トラップをよけたりして

目的地到達を目指すゲーム

 

ゲームオーバー等にはならないので

ぶつからないように!とか、そこまで気にしなくても大丈夫です

 

プレイ中気になったところ

 

部屋の移動や次のマップに移動する度に

ロード画面になります

 

f:id:torinoblog080:20200127001822j:plain

 

ロードに時間がかかるわけではないのですが

数秒とはいえそこで止まることになるので気になりました

 

 

ゲームの感想

 

上にも書きましたが、分岐があってもルートは基本一本道

プレイした後は映画を一作見終わった感覚になりました

 

ストーリーは現在から過去に戻っていく流れで

最初は会話の意味がわからないのですが

後にその意味が分かっていきます

私は3章からボロ泣き

その後も度々ボロ泣きして、翌日目が腫れてしまいましたw

 

ゲームの難易度ですが、ゲームと言っても戦闘はなく

操作もパズルも簡単な物なので

ゲーム初心者さんでもスムーズにプレイできると思います

 

作品の雰囲気や音楽も良かったです

音楽は作中でも重要なアイテムになっていて

優しい想いの込められたメロディに心が癒されました

 

途中出てきたこちらの画面の通り

ヘッドホンでプレイするのオススメです

 

f:id:torinoblog080:20200127001829j:plain

 

クリアー後には音源を聴くこともできるようになるので

 

f:id:torinoblog080:20200127001833j:plain

 

音楽のみを楽しむこともできますよ

 

f:id:torinoblog080:20200127001836j:plain

 

プレイ時間はゆっくりプレイしても4~5時間ほどだと思います

 

お休みの日などに一気にプレイでクリアーできます

あ、でもクリアー後に私のように泣きすぎで

目が腫れるかもしれないので

ゲーム後に予定は入れない方がいいかもですw

 

f:id:torinoblog080:20200127001826j:plain

 

 

ec.nintendo.com

 

ここから先はネタバレゾーン↓


ストーリーの感想(ネタバレ含みます)

 

こちらはストーリーの内容が含まれているので

ネタバレ苦手な方は気を付けてください

 

 

 

 


プレイ後に私が感じたのは

これはハッピーエンドなのか?これでよかったのか?です

 

ジョニーの記憶を操作することで

無事月に行く夢は叶えられました

 

昔、辛くて閉じ込めてしまった家族の悲しい事故も起こらず

夢だった" 月に行くこと "は亡くなった妻であるリヴァーも

ミッションのパートナーとして同行

夢をかなえた記憶で旅立てて幸せだったと思います

 

しかしその記憶の中の妻リヴァーは

発達障害があり自分の思いをうまく伝えられず

パートナーとすれ違ってしまう現実の姿ではありません

 

リヴァーが医師より発達障害の診断を受けた際

ジョニーがパートナーとして付き添い一緒に話を聞いたシーンで

医師に発達障害に関する書籍を勧められましたが

それを断ったシーンがありました

 

f:id:torinoblog080:20200127001840j:plain

 

その後動物とのセラピーには一緒に参加していましたが

心の奥底では病気に関して理解をしようと

してなかったのかもしれないと感じ

切なくなりました

 

大切にしているぬいぐるみ

髪を切ったこと

折り続けるウサギの折り紙

そして折り紙のウサギについてなぜ何度も質問するのか

 

うまく気持ちを表現できないけれど

リヴァーの行動にはジョニーへの想いが散りばめられています

 

そして、ジョニーのリヴァーを幸せにしたいという気持ちも

ゲーム内に感じられます

 

リヴァーの願いを叶えたい、一緒にいたいと考えていて

リヴァーの死に繋がってしまった病気の治療もしたかった

 

本人は気付いていなかった

"月に行きたい″という願いも

 

あの日の2人の約束

迷って辿り着けなかったら

" 月で待ち合わせ "

その約束を叶えようとしたのだと思います

 

f:id:torinoblog080:20200127001843j:plain

 

2人で過ごした時間が楽しくて

またあの時に戻りたかったのかもしれない

 

ジョニーはリヴァーを思っていた

リヴァーもジョニーを思っていた

 

2人の気持ちがすれ違っていなければ

また違う人生になったのかもしれない

と、切ない気持ちが残りました

 

2人の月はすぐそこにあったのに

 

f:id:torinoblog080:20200127001846j:plain

 

私も好きな人には幸せに旅立って欲しい

ただ、その幸せの記憶の中に

現実の自分がいなかったら?

 

相手の幸せを願う気持ち

現実の自分を否定された気持ち

複雑な感情になると思います

 

こう考えるのが悪いとか、正しいとか

はっきり決められる物ではなくて

それぞれに思いがある

 

この物語は誰の視点で見るかによって

感想は変わる気がします

 

私自身、数年後再プレイしたら

プレイ後に残る感情は今回とは違うかもしれない

 

 

 

 

ゲームの感想のカテゴリーのお話は下のリンクをクリック♪

ゲームの感想